ペッサリーで避妊

離婚し、シングルマザーとなった

28の時に結婚し、38歳の今では小学生の息子1人と幼稚園の娘1人、2人の母親になりました。

夫とは、性格の不一致が理由で、結婚から3年後、息子がまだ1歳の時に離婚し、それからはシングルマザーで育てています。
私はもともと専門的な資格も、学歴も、特別秀でた能力も持っていなかったので、再就職することがとても大変でした。

子供達を食べさせていくためにも仕事を選り好みしている余裕はなかったので、ちょうど見つけたビル清掃の仕事の会社でパートとして現在まで働いています。

正直生活は大変で、家族3人1DKの古いアパートで暮らしていくのがやっとです。母子手当や子ども手当もありますが、養育費を前夫がきちんと支払ってくれないため、時には子供達の給食費さえ払えないことも…。
そんなカツカツの状態の中、私にも彼ができました。同じ会社で働いている5個下のアルバイトの子です。

子供がいることも知っていますが、割り切った関係でお付き合いしています。雇用もお互い不安定だし、子供のこともあるので結婚は考えていません。もう私は40になるし、セックスしても妊娠しないと思ってはいましたが、「何かあった時のために」避妊だけはちゃんとしよう!と彼と約束していました。

しかし、彼はいつも勢いでコンドームをつけてくれません。気持ち良さが違うから、快楽に勝てない…と。
このままじゃまずい、と思った私は、お金のかからない避妊方法を調べました。すると、ペッサリーという避妊器具にたどり着きました。

自分で子宮口にペッサリーという輪っかを装着しなければならないと書いてあり、はじめはかなり抵抗があったことを覚えています。

しかし、私にはお金がありません。毎月ピルを買うことさえ難しかったのです。彼がコンドームをつけてくれない以上、もうほかに手段がありませんでした。覚悟を決めて、ネットで一番安く買えるショップを調べて購入しました。確か、3000円くらいだったと思います。ペッサリーは洗って繰り返し使えるので、私にとってはありがたかったです。

実際に彼とのセックスの際に装着しましたが、はじめは奥まで手を入れるのが怖くてできませんでした。でも、子供達が寝た後にトイレで練習し、コツを掴むとすんなりつけられるようになり、いまでは1、2分あれば装着できるまでになりました。

今後、彼との関係を続けている間は、ペッサリーにお世話になる予定です。

(30代・女性・パート)

カテゴリー:30代の体験談