デリヘル時代の避妊

デリヘル時代の体験

私は高校卒業を卒業してからずっと、デリヘル嬢として働いています。

もともとセックスは大好きでセフレもいるくらいだったし、デリヘルを始めた当時は彼氏がいなかったので、単純に楽してお金を稼げると思い、この仕事を選びました。
しかし、実際に働いてみると、「避妊面」で心配なことが多々ありました。

きちんとコンドームをつけてくれるお客さんは少数派で、勢いでそのまま中出しされたり、ゴムをつけても途中で外したりする人ばっかりでした。

お客さんには「妊娠したら困るから」「ホントは本番もダメだから、せめてゴムつけて」とお願いしても、ほとんど聞き入れてくれません。抵抗しても力任せに無理やりする人もいました。

私の働いていたお店にくるお客さんはマナーがなってない人が多かったので、オーナーに相談しても聞いてもらえませんでした。

私は、「自分の体は自分で守らなきゃ!」と思い、低容量ピルを飲むことにしました。
低容量ピルを飲んでおけば妊娠の心配はしなくていいので、楽しく仕事ができます。お客さんと喧嘩になってイザコザができたり、このご時世ストーカーになる可能性もあるので、本番したいと言われたらあまり断りたくないっていうのもありました。

本番させてあげれば私の指名も増えるし、仕事をしていくにはメリットがたくさんあったので、ピルを飲む決心がつきました。

それからというものの、毎日欠かさずピルを飲んでいるおかげか、中出ししまくっていてもちゃんと避妊できています。

私は飽きっぽくて忘れやすい性格なので、ピルを飲み忘れてしまうことも多々あります。低容量ピルは継続して飲まないと避妊効果が得られないので、飲み忘れてしまった時はアフターピルを追加で飲むようにしています。

アフターピルは値段も高いのでしょっちゅうは飲みませんが、いつもお守りとして財布の中にしまっています。
このアフターピルに何度助けられたことか…。

私にとってデリヘル嬢は天職で、これからも誰かと結婚するまでは続けていきたいと思っているので、低容量ピルとアフターピルは欠かさず使っていくつもりです。

(20代・女性・デリヘル嬢)

カテゴリー:20代の体験談