避妊リングで避妊

一人っ子希望の夫婦

私が23のときに、2歳上の主人と結婚し、25のとき娘を出産しました。

私たちはもともと「子供がたくさんほしい!」という考えではなく、1人の子供を大切にじっくり育てたいと考えていたので、一人っ子を希望していました。

私も夫も3人兄弟の末っ子で、服やおもちゃが全部お下がりだったり、ようやくほしいものを買ってもらえても上の兄弟にとられたりで、なにかと我慢を強いられてきました。

兄弟も多いことから上の子にお金がかかるので、末っ子はやりたいことがやれず、私と主人は習い事や塾に行ったこともありませんでした。

将来は大学進学を希望していたものの、結局は経済的な理由で諦めることに…。

そんな経験がある私と主人は、自分の子供にはやりたいことをやらせてあげたい、できるだけ我慢はさせたくないという思いが強かったので、はじめから子供は1人、兄弟は作らないつもりで家族計画をたてていたのです。

ただ、1人目の子供を出産した時、主人も私もまだ20代。妊娠するのには一番良いとされている時期でした。
まだまだ子供が望める若さというのもあり、話し合った結果、私が避妊リングを装着することで避妊をすることに決まりました。

理由は、私がゴムアレルギーでコンドームが使えないことと、主人はまだ若くパイプカットをする決心がつかないからでした。また、避妊リングは一度装着してしまえば煩わしいことが一切ないので、面倒くさがりな私にはちょうど良いと思ったのです。

しかし、子宮内に器具をいれっぱなしにすると聞いたときは正直恐怖がありました。いれっぱなしにして痛みはないのか、衛生面で問題はないのか、担当の先生に質問責めしたのを覚えています。今となっては、あんなに心配する必要なかったな…と少し笑える思い出です。

実際に装着するときは、少しだけ痛みがありましたが、出産時の陣痛に比べたら大したことない!と言い聞かせていたら、そのうちに終わりました。

避妊リングは5年くらいで交換が必要なので、5年後また憂鬱になりますが、このおかげで娘1人に手をかけてあげられるので、避妊リングを使って良かったと思っています。

ただ、避妊リングは100%の避妊率はないので、安全日以外は外だしをして、気をつけながら夫婦生活を楽しみたいと思います。

(20代・女性・アルバイト)

カテゴリー:20代の体験談